忘却バッテリー

忘却バッテリー 第7話 ネタバレ感想

忘却バッテリー 第7話 ネタバレ感想

来ました帝徳高校〜!!(*゚▽゚ノノ゙☆パチパチ

ヤマちゃんのモノローグから始まり、

 

《ほんのひと握りが名門強豪校へのチケットを手に入れる》

 

寝ても醒めても野球尽くしの生活、野球で人格を肯定されたり否定されたりする球児たちのことを

 

《球児と呼ぶには生温い》

《超一流の軍隊となる》

 

コレ!!ここの表現最高。ほんと名門校の選手たちって軍隊みたいだよね。甲子園に出てる高校生とか高校生に見えないもんな〜

帝徳に来て充実しまくりの施設に大はしゃぎの葵ちゃんめちゃくちゃカワイイwww千早と清峰もウキウキしてる表情がじわる笑

はしゃいでたと思ったら急に落ち込んで体育座りする葵ちゃん。野球やるなら帝徳に入っておけばよかったと後悔し出した笑  やめてー!!小手指だから野球もう一回始める気になったんでしょうがー!!ちなみに帝徳からA推薦もらってたそうでそれはうん…ドンマイです⸜(* ॑꒳ˆ *  )⋆*☆

【ヲタ婚】

必死でヤマちゃんが葵ちゃんのことを励ましてる間に千早まで体育座りでいじけ出したwww千早も当然のようにA推薦もらってたそうです。アーメン。笑

 

「俺と圭は特S推薦貰ったけど?」

 

このタイミングで被せてくる清峰wwどんだけ負けず嫌いなん!?ややこしくなるならあんたは黙ってなさい!笑 

二遊間の後悔が止まらず屍になってる2人を支えるヤマちゃんいいわ〜もうほんとこの人小手指メンバーの精神的支柱ですよね。かなりヤマちゃんの存在はデカい。

 

「おいおいどうした〜〜??シャンとしろよオラ〜」

「ナメられっぞ〜」

 

すっかり忘れてたくそな先輩2人。それを人間扱いしない目で見る二遊間草。清峰に至っては「誰?」はてなマーク3つ飛ばすくらいの誰。爆

 

【悲しい予感が一つある】

 

【2人は転校してしまうだろう】

 

このヤマちゃんのモノローグが突き刺さるから〜〜〜泣いちゃうからあぁぁぁぁぁ

 

【帝徳はそれを許すだろう。そしてそれは絶対正しいことなんだ。】

【この最高な環境で高次元な野球に触れれば2人は恐ろしく上手くなれるんだ】

【帝徳のレギュラーさえ勝ち取れば】

 

【甲子園に行く確率は限りなく】

【限りなく高くなる】

 

いやだあぁぁぁぁぁ一緒にうっすいカルピス飲んだ仲じゃん!?もう君たちベストフレンドじゃん!?!?
【FODプレミアム】人気の漫画がお試し無料!

そこに現れた名門帝徳の選手達!!

 

「小手指?どこよそれ?」「都立て」「は?」「どゆこと?」「ブッコロなんだけど」「意味不」「時間の無駄すぎる」

 

悪口のオンパレード!!\(^o^)/いやまあそうだよねこんな愛好会の都立と練習試合なんて普通あり得ないしそれなら練習するか別の強豪校と試合した方がいいだろってなるよね。

 

「小手指高校の方ですか」

 

怖い!!:(´◦ω◦`):ガクブル

「あ、はい!すみません!顧問は今トイレに…」と対応するヤマちゃんに帝徳の選手達が帽子をとり

 

「今日は」

「よろしくお願いします!!」

 

と一礼。たかが挨拶されど挨拶。

 

【礼儀で殴る】

 

これ!!礼儀で殴るって表現!!ここ好き!!この表現すごいなって思った。

 

【無名の都立なんて石コロ程度にしも思ってないんだ】

【この挨拶に敬意などない】

 

【帝徳の誇りを守るためであり】

【僕らを攻撃するための行為だ】

 

すっごいよねこの的確な表現。まさに強豪校って挨拶から一糸乱れぬ動きで立ち振る舞いからもう殴ってくるって感じだよね。

 

【怖い】

 

【でもそれ以上に】

【美しい規律が格好良かった】

 

もうこの回のヤマちゃんのモノローグ全部いいな。シビれる。しかもこれユニフォームじゃないんかい!練習試合着かい!!

【hulu】いつでもどこでも見放題!

ビビる先輩達を見下したように見る帝徳の選手。もう目が鋭利すぎるんですけどォ!!

そしてここのヤマちゃんに泣けた

 

【帝徳は王者】

 

「よろしくお願いします!!!!」

 

【だからなんだ】

 

唇を噛み締めながら1人帝徳に負けじと立ち向かう勇敢な姿に胸打たれました。何このヤマちゃん…カッコよすぎて吐きそう…

そこに清峰と要圭が

 

清「あ  オナシャス」

要「あ どうも要圭です。よろ乳首。ぜひ相互フォローしませんか?」

 

オイィィィィ!!!!!(゚Д゚)帝徳相手にオナシャスによろ乳首言える奴ら全国でお前らだけだよ!何なんだよその強メンタルは!!羨ましいわ!!!

 

「フフッ…ヤマ声でか」と笑う二遊間。そして

 

「お願いします!!!!」

 

とヤマちゃんに続けと深々と頭を下げる二遊間(´;ω;`)ブワッ

 

【キミたちだって】

【絶対に負けてない】

 

【だからどうか】

【胸を張っていてほしい】

 

みんなカッコイイよ…!!(´;ω;`)ブワッ  何なのこれェー!!名門校相手にひるまず挨拶で殴り返すとかもう最高すぎて…エモい…

それが帝徳の選手に伝わったのか、

 

「はっ  いいからはよ来い」

「こっちな」

 

とハニカミながら案内してくれる帝徳の選手!!え!優しいんですけど!!いい奴じゃん!!いい奴というかヤマちゃんの誠実さが千早と葵ちゃんと帝徳の選手を動かしたんだと思うとこれだけでもうファインプレーだよヤマちゃん!試合始まる前から既に裏では試合は始まっていたのだ!

恋愛経験が少ない異性と出会いたいなら【ピュア婚】

そして出ました国都英一郎!嬉しそうに清峰と要圭に声をかける国都可愛いんだけど!!

 

「清峰くん!要くん!本当に久しぶりだね!再会できて嬉しいよ!」

「まさか帝徳ではなく都立に入っていたなんて!一体どうたしてなんだい?」

 

と聞くと国都に清峰はまたもややっちゃいまいます。

 

清「誰だっけ?」

国「えっと…ぼくのこと…覚えてない…かな?」

モブ「あ”あ”あ”〜〜〜!!?」

ヤマ(清峰さーん)

 

ごめんな国都くーん!!この人悪気ないのよ!ほんと!もはや「だれ?」が挨拶だから!こんにちは〜って感じだから!そう気を落とさずに!ね!?

今回は帝徳に乗り込みトップレベルの環境にウハウハした葵ちゃんが見れたり二遊間の後悔が止まんなくなったりえ?転校とかそんな選択肢出しちゃう!?って不穏な空気が流れたり軍隊のような美しい規律の帝徳を目の当たりにしたり最強軍団にも負けないヤマちゃんのカッコよさが光ったシーンが見れたり盛り沢山な回でした。ヤマちゃんがどんどんカッコよくなっていくんだけどどうなってんの????次もおなしゃす!!!


ABOUT ME
やまざき
やまざき
どうもやまざきです。 漫画、バスケ、パンダが好きです。漫画を中心に気になる情報を垂れ流していこうと思います。