ジャンプ感想

週刊少年ジャンプ40号 ネタバレ感想 ワンピース、鬼滅の刃、ハイキュー、夜桜さんちの大作戦、呪術廻戦

ワンピース 第654話「龍に翼を得たる如し」

あれ!ローが捕まってやばいじゃんと思ってたらいつの間にかホーキンス返り討ちにしてるローさん!どういう状況なん!?

とりあえずホーキンスとキッドとアプーの同盟は続かなかったわけね~というかアプーが元々カイドウの傘下にいてハメられたと。

 

「怪物カイドウは言った…【俺の部下になるのなら歓迎する】と。奴は常に強い兵隊を欲してる…!!最強の軍隊を作るためにな。」

「カイドウはそういう奴らを殺そうとしない。何とか心を折り服従させようとする」

か~~~カイドウさんやり方がえげつないわ~海賊っぽいっちゃ海賊っぽいわな。ルフィ達が優しい海賊なだけで本来の海賊はホーキンスさんの言う通り常識が通じない力でねじ伏せるもんだよね。

「お前と麦わらの同盟はうまくやってるな…仲良くワノ国にやってきてどうだ  気は変わったか…?」

やだ!ホーキンスさん嫉妬!?ださっ!ザクッとローにも振られるホーキンスさん(´・ω・`)ドンマイ

 

「俺を逃がすことがお前の陰謀なら

ー乗ってやるよ…」

ローを逃がしたのは誰なんだろう!?逃がせる立場にいるってことはカイドウ側の上の奴なんだろうけど狂四郎かな!?あの人怪しいよね!小紫殺した振りして逃がしてみたり意味深なこと言ったり何を企んでるんだ…?

鬼ヶ島の「ナンバーズ」とかまたなんか強そうなのキターーーー影だけだと強キャラ感出るよね。てかまじでキャラ多すぎて覚えられない…1人覚えたら5人名前飛んでくわ…

ナンバーズのこと嫌がってるクイーンさん可愛いんだけどwwwマムにはボコボコにされるしいいとこなしだけどマムにはババア呼ばわりしたり鬼ヶ島脱出しようとしたりすっかりマスコットキャラに定着(*´ω`*)

「火祭りの夜は最高の宴になる!!ウォロロロロ~」

「そうさ 記念日さ!!ママママ~」

「何だ殺し合いから友情でも芽生えたか…」のクイーンさんwww

ケンカしてたはずのビッグマムとカイドウがいつの間にか酒飲んで楽しそうにしてるのワロタwwwもう結婚しちゃえよ←

 

そして1番最悪の同盟キターーー!!!!!

「我々百獣海賊団と!!ビッグマム海賊団はァ!!【海賊同盟】を結ぶことにしたぞォ!!」

いやうん…ビッグマムがワノ国来た時点でカイドウとだけは組みませんように…とひっそり祈ってたけどやっぱり同盟組んじゃうのね~!!?どうするのこれ!?!?こんなの絶対勝てないやん!!

「協力し!!世界をとってからでいいよな!!殺し合いの続きはよォ~~~!!!!!」

いや協力すな!!!!1番協力しちゃいけない組み合わせだよ!!四皇同士で組んだらアカンやろ!!無双すぎるわ!!

いやでもこれ酒入って酔っ払ってるから酒抜けたら「同盟なんかする馬鹿野郎!!」ってまたケンカおっぱじめる→酒飲む→寝て忘れる→またケンカするの無限ループでもやっててくんないかな。笑

てかほんとにカイドウは自殺してまた死ねなかったわ~なんて言ってた男なんですかねこれ??ビッグマムと酒飲んでめちゃ楽しそうやん…

頼むからビッグマムあのかわいいおリンさんに戻ってクレメンス~!!!!!

 

鬼滅の刃 第172話 「弱者の可能性」

思考を止めるな  最前を尽くせ―――

 

だあァァァァァ!!!!時透くんの腕があァァァ!!!!扉絵痛々しい(´;ω;`)

と思ったら不死川さん指もとれたァァァァァァ

覚醒した黒死牟おじさんやばいな。刀が意味わからんすぎるし不死川さんの稀血効かないのかよ!!稀血もっとがんばれよ!!

 

そして久しぶりの登場の産屋敷輝利哉(きりや)くん。

「上弦の壱のところへ他の柱を向かわせますか?富岡義勇、竈門炭治郎の二人は行けます」

輝利哉の妹?なのか姉なのか5つ子だからわかんないけどサポート役の女の子達も汗だらだら。それほど気力のいる作業みたいですね。しかもこんな大仕事8歳でやるとかヤベーでしょ。神童すぎるわ

 

「義勇と炭治郎はそのまま無惨の元へ。」

「上弦の壱は行冥と実弥、無一郎と玄弥の四人が必ず倒す」

 

言い切った!!言い切ったよこの子!!絶対8歳じゃないよね!?亡くなったお館様乗り移ってない!?憑依してるでしょ絶対!!

援軍を向かわせるかどうかに対して迷いのない判断力はすごいですね。さすが産屋敷家当主。

そして月の呼吸が止まらない黒死牟おじさん!!漆ノ型、捌ノ型、玖ノ型、拾ノ型って技の連発!!月出まくりー!!

不死川さんがピンチになったところを時透くん

 

「死なせない!!あなたはまだ両腕で刀を振れる…!!」

時透くーん(´;ω;`)時透くんは腕切られたから刀振れないの…?そんな~(´;ω;`)

倒れてもおかしくないのに不死川さんを助ける時透くん(´;ω;`)

からの玄弥!そりゃここに参戦するのは怖いよね。「弱いことか悔しい」わかる~

からの長男の言葉が突き刺さった

 

「一番弱い人が一番可能性を持ってるんだよ玄弥」

「敵がこちらを警戒できる絶対数は決まってるんだよ」

それね!!確かに!!いくら強者でも無敵ではないんだよね。

 

「弱いと思われてる人間であれば警戒の壁が薄いんだよ。だからその弱い人が予想外の動きで壁を打ち破れたら」

「一気に風向きが変わる。勝利への活路が開く」

 

もう名言オブ名言ですよ。これは。

スポーツでもそうだよね上手い人は当然マークされるけど下手くそな奴に対しては警戒心薄いからこそビッグプレーされた時に流れが変わるのと同じ!!

いやてかそれを言える炭治郎がすごいわ。なんかもうこの人の絶対的な安心感がすごい。さすが長男。上からも下からも慕われるわけだ。

ってことは玄弥がぶちかますのかな~!!覚醒した玄弥が楽しみ!!


ハイキュー  第363話「小さな巨人VS最強の囮」

ここ最近の日向が主人公感MAXでカッコいいなおい!!ハイキューはいろんなキャラに焦点当てるからたまに日向の存在が薄くなるけどやっぱりハイキューの主人公は日向だ。

このまっすぐな目!!古舘先生の透明感というか光と影の使い方が絶妙!!

しかも影山もさ~ストレートに褒めないけど

 

「何を今更。俺はずっと言ってんだろうが。”最強の囮”はカッコいい。セッターの次に」

 

って素直じゃないけどめちゃくちゃ認めてるのがまたいいよね~!!てか最初から影山は日向はいいものもってるってずっと思ってたんだよね。日向がそれをイマイチ自覚してなかったのがやっと心から最強の囮の意味を理解したって感じだ。

「だから小さな巨人の名前は星海さんどうぞ」

って光来さんに言えちゃうのも日向ね!!先輩だぞこらー!そりゃ光来さんも笑っちゃうよね。恐るべしコミユニケーションオバケの日向さん。誰とでも仲良くなっちゃうのすごいなぁ。

白鳥沢のやり取りもすき!

「やっぱり日向は怖いな…」と言う五色に対して

 

「囮だけの役割の奴なんかいない。優秀なスパイカーは存在自体が優秀な囮。得点力のない奴を誰も警戒なんかしない」

「お前はまだ烏野10番をナメている」

 

ド正論の白布!!顔がスンッとしてて笑うwwしかもこう言うってことは白布から見ても日向って厄介な選手なんだろうな~

ちょいちょい出てくる天童も嬉しい!

そこで全日本の監督さん!

 

「我々は小さく優秀な彼らを求めない」

「我々が求めているのは大きくて優秀な選手だから」

 

「でもこの国で大きく優れた選手が育つ時 小さくとびきりすぐれた彼らが道を譲るわけじゃないんだ」

 

「我々は求めない。でも彼らには関係ない。確固たる実力で我々に選ばせにやってくる

 

カッコいい~選ばせにやってくる!!

光来さんが楽しそうなのもなんか嬉しいし日向の斜め飛びからの鴎台相手にノーブロックで田中のスパイク!これは気持ちいい!!

から満面の笑みの日向と光来さんのコノヤロウ顔が最高ーっ!!!!!

「いいじゃないいいじゃない!皆思うがまま飛びついたらいいじゃない!」

愉快な天童さんww顔がゲスいwww

「出たナナメ飛び~畳み掛けるね翔陽」

「緩急がエゲツねえよ…」

って研磨の顔!!何その嬉しそうな顔!!みんな日向のこと好きになっちゃうんだよね~それくらいプレーが魅力的でわくわくしちゃうんだよね。

「鴎台ブロックの頭ン中今グッチャグチャやでぇー!」

稲荷崎の侑も楽しそ!!みんな楽しそ!!

 

「ええなあ飛雄くん。翔陽くん使ってブロックぶん回すん楽しいやろなあっ!」

確かに影山もセッターとしてブロックを欺くのは快感だろうな~~~

と思ったらブロックの気持ちなって落ち込む伊達工わろたww

そしてラストページ!影山が月島に

 

「おい」

 

「逃げんなよ」?

 

ピキピキー!と怒りマークいっぱいのツッキー!

 

(ハア―――足バキバキ…体力とか精神力とか天数のつけられないものに勝ち負けつけるなんてバカバカしい)

 

(日向に負けてたまるか)

 

鳥肌!!!!入部したてのツッキーからは考えられない!!夏合宿前のツッキーからは考えられないことですよ!!!!日向に負けて当然って思ってたあのツッキーが!!ついに!!!!

「日向に負けてたまるか」

ですって!!!!こんな日が来るなんて!!ハイキューで1番変わったのは間違いなくツッキーですよね。The・現代っ子って感じでなんとなく親近感が1番あるキャラでもあり、競争心もあまりなくてどこか無気力だった少年がここまで変わるかと。

ツッキーの成長物語だけでも漫画にできちゃうよこれ。いやむしろハイキューのキャラは全員魅力的だからそれぞれ主人公にした漫画できちゃうくらいみんな魅力的みんなすき。

 

「夜桜さんちの大作戦」第2話 「夜桜の命」

2話もおもしろかった!!ポロの時からなんとなく好きな作風で終わっちゃったの残念だったけどかなりパワーアップして戻ってきた権平ひつじ先生!!絵も上手くなってるしポロの時よりコマ割りも細かくなっててテンポもよし!何より読みやすい!!

推しは凶一郎兄さんです!!(聞いてない)

ああいうニコニコずっと笑ってサイコパスっぽい強キャラどストライク。

 

本編は派手に太陽の家爆破されて草。

太陽の家の台所に爆弾が仕掛けられてたみたいですね。

今回は六美ちゃんを守る目的が明らかに!常に狙われてる存在の六美ちゃん。

なぜ太陽の家まで爆破?と思ったら六美ちゃんと太陽の関係も把握済みの敵さん。

と思ったらまさかのスパイみんなTwitterやっててくそわろたwww

凶一郎兄ちゃんもやってんのかよwww

「昨日から俺のアカウントにも祝電が続々だ」

って全然祝電じゃないクソリプがwww

 

凶一郎「妹結婚してマジつらたん」

爆殺王たま屋「末永く爆発しろ」

もみ消し本舗「ざまあシスコン この世から消えろ」

エスケープ(収監中)「脱獄したら御祝儀送るわ」

いや待ってエスケープさん収監中なん!?御祝儀送るとか律儀かwww

 

六美ちゃんは夜桜家の10代目当主ということが判明!

「当主は他の家族のような超人的な力を持たない代わりにその子供は必ず夜桜らしい超人として育つ。つまり当主だけが夜桜の才能ある血筋を完全に受け継ぐことができる

「つまり当主である六美こそが夜桜の正統なトップであり夜桜の命なんだ」

はーん!なるほどね!六美ちゃん大変じゃん!

「…とはいうものの俺達兄弟は家柄なんて正直どうでもいいし六美には自由に生きて欲しいと思…」

「それは駄目って何度も話し合ったでしょ」

って凶一郎兄さんめっちゃいい奴じゃね!?普通に優しい!!好感度アップ!

そういうことで太陽の初任務は暗殺者から六美ちゃんを守ること!

 

SNS中毒の爆殺王「たま屋」は草www

なんだよ極度のSNS中毒ってww意味不明なポエムとかやめろwww

と思ったらこれも伏線だったのがひつじ先生やるぅー!って後からなりました

 

まさか太陽に爆弾仕掛けてるとは!!やるやんたま屋!

そこでタイミングよく駆けつける凶一郎兄さんカッコよすギルティ!!!!

最初凶一郎兄さんが太陽試すためにワザとやってたのかと思って勘違いしちゃった笑

普通に助けに来た凶一郎兄さんまじでいい人じゃんすき。

 

「任務達成のほうびに一つ教えてやろう。自分さえも疑うべきこの世界でも唯一信じられるものがある」

 

「それが俺達家族だ。俺はお前を殺したいがこの身に代えても決して死なせない」

 

イケメンーーーー!!!!!まじかよ!!1話と大違いだなおい!!こんなん好きになるに決まってるー!!!!

は?家族?知ったこっちゃねえみたいな顔してるのに家族を大切にする凶一郎兄さん!!完璧やん!!

持ち主に爆弾投げつけて返すのも最高!

「死にそうなう」「炎上なう」のたま屋ww

中毒すぎるwww

いやー2話目期待以上によかった!これは続いてほしい!

 

呪術廻戦 第73話 「懐玉―玖―」

伏黒、聖域を侵すー。

 

ということで先週五条悟がザクザクとめった刺しにされてえ、うそ、そこまでする…?え、逆に何で生きてんの…?え、理子ちゃん?え?とあまりの衝撃に感想書けなかったんであとで先週分書こ…

まじで伏黒パッパやばくないですか!?!?何この人!?!?殺し屋としてプロすぎない!?ここまで強いと思わんかったし夏油さんが理子ちゃんを自由にさせようとしてる時のあの銃パーンはえぐい…あんなアッサリやる…?はあ…

ということで今回は夏油さんvs伏黒パッパなわけですが

 

「薨星宮(こうせいぐう)と忌庫は隠す結界。入口に見張りは置けない。扉の位置まで分かっちまえばあとはザル。この時期から呪術師は忙しくなるし今高専にはヨウトウが溢れてる。外はてんやわんやさ」

「呪力のない俺は透明人間みたいなもんだ」

「でも一つ問題があってな 俺が呪具を持つと呪具の呪力で透明人間じゃなくなっちまう」

 

そんなこたあどうでもいいばりに龍のようなワニのような呪霊で伏黒パッパに襲いかかる夏油さん。伏黒パッパも迷わず銃をぶち込むあたりすごいですね。仮にもこの子10代の子供ですよ。「焦んなよ」ってタンタンタンと3発撃ち込んでなぜか話を続けようとする伏黒パッパ。めちゃ喋るやん。

どうやらあの伏黒パッパに巻きついてるのは物を格納できる呪霊らしく呪具はそこに入れてかつ呪霊のサイズもちっちゃくして飲み込んで腹の中にしまうと(・ω・ )

「透明人間は臓物まで透明だろ?これであらゆる呪具を携帯したまま結界を素通りできる」

はーんそういうことか(・ω・ )透明人間便利~(・ω・ )

てか高専もいくら忙しくても星漿体守るのが最優先するべき任務なはずなのにどこ出払ってんだよ(´・ω・`)あ、でもこの頃から高専の組織自体腐ってるからテキトーなんかな。

 

もう夏油さん怒りを通してこしてますよ…瞳孔ひらきまくり!!

「もういい。天与呪縛だろ?私達と同様に情報の開示が能力の底上げになることは知っている。聞きたいのはそこじゃない」

「なぜ薨星宮へ続く扉がわかった?私達は毛程も残穢を残さなかった」

 

「人間が残す痕跡は残穢だけじゃねえ。臭跡、足跡。五感も呪縛も底上げされるんだよ。」

 

は~そんな底上げされちゃうの~???てか高専の内部情報に関して詳しすぎない??この頃から内通者もしやいた?それとも普通に伏黒パッパの読みと五感が研ぎ澄まされすぎてアッサリ扉まで辿り着いたん???

「途中に女性が1人いたはずだ。彼女はどうした」

「ん?あああのメイドか。多分死んでる。生かす気も殺す気もなかったけどな。運よきゃ生きてんじゃね?」

そうかやはりオマエは死ね」

 

黒井さんまでえええぇぇぇぇ!!!!!クズオブクズですわ…キングオブクズ…

夏油さんの攻撃も恐ろしい身体能力で呪霊ザックリ切り裂いちゃいました。なにこれ

(切り裂いた!?手持ちの呪霊で最高硬度の虹龍だぞ!?)

やばくないすかそんな呪霊いとも簡単に切り裂くなんて切り裂きパッパやばくないすか

夏油さんの呪霊の中には口裂け女さんもいた!

 

(仮想怨霊…質問に答えるまでお互いに不可侵を強制する簡易領域か)

すぐさま敵の能力を把握する伏黒パッパが出木杉くんすぎて腹立つわ~

 

「ねえ  わた わタ はわたし  きれい?」

「そうだな。ここはあえて」

「趣味じゃねえ」

 

え!意外とやさし!!ブスとか言わないんだ!?!?そういうところ~そういうところだよ伏黒パッパ~君は一体何人の女をたぶらかせてきたんだ?んん???

口裂け女の能力こえー!!ハサミ!!!なのに「そういう感じね)でパッパッパッと払う伏黒パッパまじでなんなん!!口裂け女さんもびっくりしてんだろーがよー!!

そこで隙を着いた夏油さんが呪霊操10で伏黒パッパの便利な呪霊を取り込んじゃおう作戦!!

(能力は特殊だが呪霊自体は強くない!取り込める!!武器庫は押さえた。後は物量でゴリ押し―)

のはずがなぜか弾かれカウンターでバッサリ斬られた夏油さん…まじかよ…からの蹴り!!ほんと徹底的な悪やってるわ~斬っただけでいいやろがー蹴り入れなくてもいいやろがーしかも足蹴にするとか!!!!キングオブクズは違うな~

 

「式神使いなら殺したが呪霊操術となるとな。オマエの死後取り込まれた呪霊がどうなるかわからん。ここで面倒は避けたい。親に恵まれたな」

って足蹴に!!夏油さんを足蹴にするなんてヽ(`Д´)ノゴラァ!!

 

「だがその恵まれたオマエらが呪術も使えねぇ俺みたいな猿に負けたってこと」

「長生きしたきゃ忘れんな」

あーここで猿きたよー夏油さんの100呪術師は猿だの発言はまさかの伏黒パッパ譲りだったんかーーーー

 

「あー恵って…そうだったそうだった」

 

「俺が名付けたんだった」

 

おめーが名付け親かよー!!!!てかこの親父からあんかいい子な伏黒恵が生まれたん…?しかもこんな残虐なことした男の息子を教える立場にいる五条悟のメンタルどうなってんの…?混乱…

最後にピクッと動いた五条悟!!!!きた!!これ何だろ!?死に際に術式でも仕掛けてたんかな!?HUNTER × HUNTERのヒソカみたいな感じで!

 

とりあえず五条悟がなんかしらで復活するんだろうけどここから夏油さんが闇堕ちするって何だ…?理子ちゃんだけが原因で闇堕ちはしないだろうしやっぱ五条悟になんかないと闇堕ちなんかしないでしょあの子。夏油さんそんな好きじゃなかったけど過去編で好感度爆上がりしたからあわよくば戻ってきてほしいけどな~ここはNARUTOのサスケみたいにさ~サスケなんて何回やらかしたかわかんないし里潰そうとしてたけど仲直りしたから夏油さんもそのルートがいいな~!!!!

 

 

 

ABOUT ME
やまざき
やまざき
どうもやまざきです。 漫画、バスケ、パンダが好きです。漫画を中心に気になる情報を垂れ流していこうと思います。