ジャンプ感想

週刊少年ジャンプ 45号  ネタバレ感想 約束のネバーランド、鬼滅の刃、ワンピース、呪術廻戦、ブラッククローバー

約束のネバーランド 第153話「臆病」

先週発表がありましたが約ネバの実写映画化ね~ネット上ではかなり批判されてましたね。そりゃそうだよ~まず年齢設定いじる時点で考えた奴出荷でしょ完全に。12歳と16歳じゃ全然違うよね~~~しかも約ネバは子供がメインの話だから子役を大量に使わないといけないわけでつーか日本人の子供より外国の子供の方が世界観的に合いそうだし約ネバは実写化の中でもハードル高い方なのになぜ実写化するんだよ…ばかめっ…!!とか言って面白かったら手のひら返しで褒めちぎるね←

本編!

 

彼はひとり、ずっと―

扉絵めちゃくちゃ美しい…!!すげえ!なにこれ!!ぽすか先生すんげえ!!(語彙が雑魚)

あと一歩のところで間に合わなかったエマ達。大量の鬼たちをノーマン達が皆殺しにした場面はなんともやるせない気持ちになりましたね。いくらエマが言ってもダメだろうなと思ったけど今回のエマは一味違った!

 

「絶滅しかないんだよエマ。邪魔をしないで」

「やだ」

「は!?」

「戦わなくていいのに殺戮・戦争する意味がわからん!」

 

エマさん引き下がりません!!笑

 

「決めたの。もうノーマンに自分を殺させない。ノーマンを一人行かせない」

「……何の話?僕はどこにも行かないって言ったよね」

「ノーマンは嘘吐きだからね!信用できない!」

エマさん強いwwwボスになんて口聞くんだって周りびっくりしちゃってるじゃないですかww

 

でもノーマンの心の本音を引き出せるのはエマしかいないよね。

 

「私には今のノーマン  怖くて震えてる小さな子供に見える」

ちびノーマン~~~。゚(゚´ω`゚)゚。

エマ達に会うために得体の知れない薬や実験いつ訪れるかわからない出荷の恐怖に耐えながらノーマンは戦ってきたんだよね…

 

「来ないで。ここまで来たんだ。引き返すつもりはない」

 

「いやだ」

 

「こんどは絶対行かせない!!」

 

「守ってくれなくていい!!私はノーマンの隣を歩きたい!!」

 

「家族で兄弟で親友だろ水臭ぇ。お前が苦しむ未来なんざ俺達は望んじゃいねぇんだよ。たとえそれがどんな結果になろうとな。」

畳み掛けるエマとレイ!!そうだよ守ってくれなくてもこの子達強いんだよ。゚(゚´ω`゚)゚。

 

「なぁ  お前はどうしたい?」

「どうしたいんだ  ノーマン」

 

ノーマンが今までやってきたことも全部知ってるからそれでも受け入れるしそんなこたぁ気にしてないエマさんとレイ!!この3人いいわ~これでこそGFの3人だよ(´;ω;`)

 

「一緒に生きよう!ノーマン!!」

 

「今度こそ!!」

 

震えた!!やっと…!やっと3人が戻ってきたよ!。・゚・(ノД`)・゚・。

なのに僕らはもう長く生きられないとは!?薬の副作用か何かなの!?ここに来てノーマンだけバッドエンドは辛すぎるから無理ですカイウ先生ぇぇぇぇぇ!!!!!

 

「…けて」

「助けて  エマ…レイ」

 

溢れる想い、突きつけられた現実―――

 

ノーマンが泣いたああああああ助けよう!助けましょうよ!頼むよエマさん!!どうにかこうにかできる道を探してノーマンを救ってくれ!!!!

 


鬼滅の刃 第177話「弟」

【人を妬まぬ者は運がいいだけだ。出会ったことがないだけだ】

 

【神々の寵愛を一身に受けた者に】

 

【全てを焼き尽くすほど強烈で鮮烈な  太陽の如き者に】

 

いや~ワニ先生の言葉選びってワニ先生にしか表現出来ない独特の世界観がありますよね。ワニ先生普通にまだ若いはずじゃん…?なんでこんな言葉知ってんのってくらい難しい言葉使ってきたり検索しないと読めない漢字バンバン使ってくるからこの鬼滅の刃の大正の舞台にタイムスリップしたような感覚になりますね。

 

今回は黒死牟さんと縁壱さんの関係性が明らかになったわけですがこれがまた切ない…

そっかー双子は跡目争いの原因になるからって不吉なものとして扱われてたのね(´・ω・`)なかなか良い家柄に生まれとるやないか。最初は黒死牟さんが優遇されて弟を哀れんで生きてきたのに実は縁壱さんが神童だったって知った時の黒死牟さんの気持ちを考えるとやるせねえです(´;ω;`)

 

【剣の道は痛みと苦しみを伴うが才覚を認められていた私は努力をすればするだけ力をつけた】

 

【しかしそれは亀の歩みに他ならない】

 

【類い稀なる神童の前では】

 

くっ…(´;ω;`)黒死牟さん…(´;ω;`)

これはキツいね。努力して努力してやっと上達していくのに縁壱さんのような天才はその過程をいとも簡単に抜き去る無情さに加えて「別に~剣は興味無いし~双六とか凧揚げしたいし~」って興味が無いとか!!てめっ…!!ふざけんな!!!ってなりますわ。笑

こちらが手に入れたいと思ってるものを手に入れられることができる実力を持ってるのにも関わらず別にそんなんいいわ( ˙꒳​˙  )って言われたらそりゃあどうしようもない感情がぐるぐるしますよ!!ぐーるぐる!!

 

【望む者へ望む才が与えられればどんなに良いだろう。縁壱は剣の話をする時ひどくつまらなそうだった】

これ!!まじでそれな!!望む人に望んでる才能が手に入ったらどんなに幸せなことか!!(´;ω;`)この世の不条理さ!!ハア~~~ッ

にしても縁壱さん不思議な子だわ~気味が悪いってのも納得。底が知れなくて戸惑うわこんな子供いたら。笑

しかもただのママっ子かと思ったら違った時の衝撃!!

 

【母の病も死期も縁壱にはわかっていたようだ。母は何年も前から左半身が不自由になりつつあり苦しんでいた】

 

【左半身】

 

【左…】

 

【縁壱は母にしがみついていたのではなく  病で弱っていた母を支えていたのだった】

 

これー!!まじかよー!!何も知らなかったってしんどい…しかも縁壱さんはいつも黒死牟さんの上をいってるとかしんどい…

 

【私はその時嫉妬で全身が灼けつく音を聞いた。縁壱という天才を心の底から憎悪した】

 

兄弟を分かつ「才能」という名の壁―――…

 

ワニ先生ドSすぎない…?ワニ先生こそ鬼オブ鬼すぎてなに…?鬼の呼吸の使い手なの…?上弦の零はワニ先生でしょ絶対…


ワンピース 第657話「約束の港」

おーい!?(゚Д゚)みんなどこ行っちゃったの!?

若き日のレイリーとシャンクスが見れて嬉しい!バギーとなかよしシャンクス(*/>ω<)/

オロチの顔腹立つな~早くこいつボコボコにしてほしい←

集合場所は大荒れで四千の兵が消えた!!なぜー!!攻撃の跡があるってオロチの策略にハマっちゃったのー!?錦えもんが悲痛な叫びがつらい。・゚・(ノД`)・゚・。

事件はすでに―

昨夜起きていた―

次号休載かよォォォォォォォ!!!!!!

オロチの顔腹立つ←



呪術廻戦 第78話「玉折―参―」

夏油(とも)の凶行。伝えられた五条は。

 

瞳孔開きまくりの五条悟ー!!。・゚・(ノД`)・゚・。

なんと夏油さんは両親も手をかけてしまっていたとは…

信じられない五条悟に

 

「悟」

「俺も…何が何だかわからんのだ」

 

夜蛾学長ー!!。゚(゚´ω`゚)゚。そ。ゃそうだよね…自分の生徒がまさかそんなこと起こすとは想定外も想定外なわけでショックが計り知れないよ…混乱してる五条悟もいいな←

硝子さんキタ━(゚∀゚)━!!!!硝子さん大好き!!いきなり未成年喫煙です!爆笑

 

巻末コメントより

「2007年の新宿に分煙スペースがあるかどうかは微妙だそうです(アシさん調べ)(芥見)」

 

せーの!

そこじゃねえ!!!!爆笑

大人キャラの喫煙シーンでさえもギャーギャー言われるこのご時世に未成年喫煙をぶっ込んでくる芥見下々は最高にロック。これでこそ呪術廻戦。笑

硝子さんはいつから吸い始めたんだろうなー夏油さんの闇堕ちがきっかけなんかな。

そこに颯爽と現れる夏油さんw

 

「犯罪者じゃん。なんか用?」

この硝子さんの対応ね!!ふざけんなよ!!って頭ごなしにいきなり否定するわけでもなく淡々と今まで通り普通に喋る硝子さん。ディスイズ硝子すぎてめっちゃいい。

 

「運試しってとこかな?」

「ふーん?」

この運試しが五条悟になら殺されてもいいと思っての運試しなんかな…

 

「一応聞くけど冤罪だったりする?」

「ないね残念ながら」

「重ねて一応。何で?」

「術師だけの世界を作るんだ」

「ははっ  意味わかんねー」

最低限のことだけ聞く硝子さん。普通ならツッコミたいこと満載なはずなのにあえて聞くことは二つだけってすごいね。無駄がない。感情で動かないあたりが既に医者基質だよね~仲間が闇堕ちしようが動じない。動じてるのかもしれないけどそんな素振りをまったく見せないのも硝子さんの強さなのか。

 

「子供じゃないんだ。誰でも彼でも理解して欲しいとは思わないさ」

「どーせ誰も理解してくれないって腐るのもそれなりに子供だと思うけど?あ 五条?夏油いたよ。そ  新宿。ヤダよ殺されたくないもん」

硝子さんから見てそれも子供だろって言うことは言うのも硝子さんらしくていい。思ったことは言う。そして二人がやり合うであろう時はいつも硝子さんは絶対に介入しないよね。笑

 

「説明しろ  傑」

ブチ切れ五条悟!!目のドアップがすこぶるかっこいい!!!

村民を殺したことで菜々子と美々子を救えしまったことで非呪術師を殺す意味を持ってしまったし親だけ例外にするのは筋が通ってないから親も手にかけるとかくそ真面目野郎かよー真面目だからこそ極端に走っちゃうんだろうね

 

「できもしねぇことをセコセコやんのを意味ねぇっつんだよ!!」

「傲慢だな」

「あ?」

「君にならできるだろ  悟」

「自分にできることを他人には『できやしない』と言い聞かせるのか?」

 

確かに五条悟ならできちゃうよね~(´・ω・`)これまた痛いとこ突かれたよ…傲慢って言葉がまたグサッと来るよ…この頃の五条悟って自分で最強と言いつつも遠慮してた感じ?こんだけ強かったらちょっと自己中くらいになってもおかしくないし何ならおめーら弱すぎんだよ!使えねー!とか周りにレベルを合わせてた感がある。なんつーか、それは五条悟の人柄というか優しいからなんだろうけど夏油さんにとっては本心は見下してるんだろ?って癪に触ったのかな

 

「生き方は決めた。後は自分にできることを精一杯やるさ」

ここで灰原くんの意志を使ってくるのはズルいよ夏油さん…(´;ω;`)

なんだろうなー術師を守るって思いは夏油さんと五条悟も一緒なはずなのに(´;ω;`)

 

「殺したければ殺せ。それには意味がある」

バカヤロー!!殺せるわけねーだろー!!。・゚・(ノД`)・゚・。

赫?茈?を出そうとするも手を引っ込める描写がなんとも切ない…

 

「俺だけ強くても駄目らしいよ」

「俺が救えるのは他人には救われる準備がある奴だけだ」

 

最強でも人の心までは救えなかった…五条悟にとって人生最大の挫折かな…いや最初で最後の挫折かも

でもこれがあったからいくら能力があって最強でも救えなかったら意味が無い自分だけ強くても駄目なんだって思ったから教育に力を入れようと思ったのかな~

 

盤星教を乗っ取ってあの服装はここから始まったわけですね。美々子と菜々子の親代わりしててめちゃくちゃパパ~しかも薗田さんって盤星教のトップだったあのおっさんか!アッサリやられたー

まさかパ黒の猿発言がここまで夏油さんを動かすとはね…めちゃくちゃ猿ディスるの気に入ってるやん…

 

最後にショタ黒キタ━(゚∀゚)━!!!!そっくりー!!笑

めちゃめちゃ嫌そうな五条悟www改めて師弟と言ってもすごい関係だな。笑

 

はあ~~~こうやって夏油さんが闇堕ちしていったのか~映画見てないけどこれ今話題のJOKERっぽいですよね。心優しい人間が悪のカリスマになるってまんま夏油さんじゃん。

とは言っても夏油さんが闇堕ちするのに一発で堕ちたわけじゃないよね。小さな地雷を踏んで踏んで最後の任務で大きくなった風船が一気に弾けた感じ。

 

・呪力がないパパ黒に「恵まれたお前らが呪力使えねえ俺みたいな猿に負けたってこと」

・理子ちゃんが殺されて拍手してる信者たち

・2人で最強だったのにどんどん先をいく五条悟。最強なのは五条だけ。

・五条悟だけが最強になってしまった寂しさ

・九十九さんによる授業で非呪術師を殺すことらアリだと言われる

・九十九さんかれ星漿体のことは気にするなと言われる→理子ちゃんは影武者としてつかわれただけだったのか?高専の上層部に利用された?

・灰原の死

・ナナミンの「もうあの人1人でよくないですか」

・トドメに村人たちによる虐待

・誰のために戦うのか

 

どこかで夏油さんのケアが行われていたら何かしら未来は変わっていたかもしれないけど夏油さんに大丈夫か?と聞いても大丈夫と答えそうだし優等生キャラだっただけに周りから「あいつはしっかりしてるから大丈夫」と思われてたのかもしれないね

これで理子ちゃんやられて五条悟も闇堕ちしてもおかしくなかったのによく五条悟は闇堕ちしなかったなー。灰原やられても五条悟の描写はなかったし任務で殉職してもそれが呪術師として普通なことだから何も疑ってなかったのかな。ある意味呪術界に染まりすぎてたのかも。

心優しい夏油さんはそれが許せなかったのかな。なぜ灰原が死ななきゃいけないんだと。優しいからこそ考えてしまう。

五条悟は強すぎるが故に任務でやられることもないだろうし茈を習得してどんどん力をつけていくのがただ純粋に楽しくて何も考えてなかったってのもありそうだけど。

強すぎるが故に夏油さんの考えは理解できなかったんだろうなー

 

 

てか0巻読み返すとやばい!!この時からこの構成考えてた芥見下々やべーな!!

最後の五条悟と夏油さんのシーンとかさ~やられてるとわかってて乙骨の起爆剤としてパンダと狗巻くん送り込んだなって言ってるのに対して

 

「そこは信用した。お前の主義なら意味無く若い呪術師は殺さない」

信用(´;ω;`)ブワッ  夏油さん悪い奴なのに優しいんだよ(´;ω;`)ブワッ

 

「別に高専の連中まで恨んでるわけじゃない」って0巻で言っててはわわ~(´;ω;`)ってなった。それが聞けてなんか嬉しかったよ(´;ω;`)五条悟とか硝子さん達のことまで嫌いになったわけじゃないんだよね。

 

「でもこの世界では心の底から笑えなかった」

だめだ過去編読んだ後の0巻は涙が止まらん…ただの胡散臭い奴と思ってた夏油さんの好感度が私の中で爆上がりです

0巻で五条悟が最後に夏油さんに言った言葉がめちゃくちゃ気になる。何だろう絶対しょうもないことなんだけど2人にとっては笑えるいい思い出のことなんだろうな。なんだろーーー!!気になるー!!!!


ハイキュー 第368話「なにもの」

負けて涙なし…か…

何だろう負けたけど負けてない感。いや負けたんだけどさ。大地が息を吸ってコートに倒れながら天井を見てるシーン。悔しさはまったく感じられず「終わったのか。」と淡々と結果を受け入れてるようなそんな印象。実感が湧かないのもあるのかもしれない。落ち着いて家に帰ってから終わったんだと後からくるかもしれない。

 

「おつかれ!!!」の黒尾さんと木兎の安心感…チームは違えど戦友の安心感ハンパないっす。

稲荷崎の侑くんはなーんかおもしろくなさそうな顔(笑)

そんなのをお見通しな北さんもいいわ~

 

「雑巾がけの一往復  ボール拾いの一本  スクワット無限回。そのあとの美味い飯で俺らの体はできとんのや」

横顔が美しい北さまー!!(*/>ω<)/北さんは高校でバレーは辞めちゃうのか~もったいない(´・ω・`)けど北さんらしいっちゃ北さんらしいしこの人なら何でもできそう感が強いwww

 

元小さな巨人と冴子姐さんの会話もよき!

「…翔陽はあんたを見てなきゃ  一山越えて烏野には来てないし飛雄にも会ってない」

「…俺がモンスターを創ったかもしれない」

 

「悪くないね」と微笑む天満さん(´;ω;`)ブワッそうだよ天満さんがいなかったら日向はいなかったかもしれないしすべてが繋がってるんだ!!

 

いやーまさかの井闥山も負けたのは予想外。てっきり優勝かと思ってたけど何があったのか。主将の足?がケガしてるっぽいし泣いてるしこちらも主力が運悪く抜けちゃったのかな…

鵜飼監督が言ってた「波乱のねえ春があるかい」が身に染みる…

 

「…ここに居る選手達の中に誰一人として負けを経験しない者など居ない。たとえこの大会の結果が優勝であったとしても」

「強者ほどより上の強者に打ちのめされる」

「挑む者だけに  勝敗という導と  その莫大な経験値を得る権利がある」

 

「今日  敗者の君たちよ」

 

「明日は何者になる?」

 

春の終わりを俯瞰して(みつめて)

日向は何を思う―――

 

ふあーーーーーーー鳥肌!!見開きの日向鳥肌っ!!!!う、美しすぎですよ古舘先生…

はあ~~~すんごい。ハイキューすんごい。今までのスポーツ漫画とはまた違ったパターンですね。2年生までやるってあんまり無くないか。てか話の構成やら魅せ方が上手すぎるし古舘先生って滅多に休載しないで毎週このクオリティ仕上げてくるのが化け物か!!ほんと毎週ありがとうございますと感謝の気持ちで読みました!!!!

【善玉菌プレミアムダイエット】

ブラッククローバー 第223話「アグリッパ家」

まってwwwいきなりゴードンのドアップやめてwww最近のブラクロギャグセンが上がってきてません!?ww

ゴードン好きだわ~いつもブツブツ言ってるけど彼めちゃくちゃ優しい青年じゃないすか。そういうキャラに弱いですハイ。

 

全員同じ顔ーーー!!(゚∀゚)犬まで同じ顔ー!!ナナリー名前は可愛いなおい!笑

 

「気まずい…!!何だコレは…このオレを気まずくさせるとは大したもんだぜ」

ほんとになwwゴーシュ先輩が気まずいと感じることなんてなかなかないぞ!!笑

 

「こ…これは…一見グロテスクだけどめちゃくちゃ美味しいですよォォー!!!」

(テメー何一人だけ楽しんでくれてんだーーーーーー)

の流れ笑ったwww

 

まって!?おばあちゃん!?しれっとメギキュラつぶやいてるの笑うwww誰か引き止めろー!!笑

 

ゴードンがパパに勝手に家を出て頼むのは筋違いかもしれないけど悪魔について教えてくれって頼んでめちゃ怖い顔のパパ!

 

「ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ」

 

「……いいよ…ボソッ」

 

(いいんだ…!)

吹いたwwwいいのかよ!!(゚∀゚)www

 

しかもバリバリ呪いで人殺ってるのかと思いきやまさかの回復魔法で意表を突かれたんだがwwそう来る!?

 

「ちゃんとコミュニケーションとれ!!あんなの絶対誤解されるぞ!!」

ゴーシュ先輩が至極真っ当なことおっしゃてるぞwww

ブラクロの魔法の名前っていちいち厨二病心をくすぐられるお洒落な名前付けてくるよなーどうやって考えてんだろうなー

ABOUT ME
やまざき
やまざき
どうもやまざきです。 漫画、バスケ、パンダが好きです。漫画を中心に気になる情報を垂れ流していこうと思います。